スクラッチ宝くじ2月~3月のドラゴンボールの確率について

遊び感覚で大金を狙える「スクラッチ宝くじ」。

2018年2月28日から3月13日までスクラッチ宝くじは期間限定で、「ドラゴンボールスクラッチ セル ラッキー3」というものを開催されております。

今回は、ドラゴンボールスクラッチの確率についてご紹介していきたいと思います。

スクラッチがどのようなものなのか、分からない方もいらっしゃると思いますので、スクラッチについてのご紹介もしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スクラッチとは

スクラッチとは、削ったその場で「あたり」「はずれ」がわかる宝くじとなっております。

ストリームマッチ、トリプルマッチ、ラッキー3、ラッキー迷路、ペアマッチ、タテ・ヨコ・ナナメ、トライアングルチャンスなど様々なゲームがあります。

1等の当選金額は回号によって異なりますが、5万円から1億円と高額のものまであります。

スクラッチの一枚あたりの購入金額は、200円と300円の2種類があります。

またスクラッチは、原則毎日、宝くじ売り場の営業時間であれば購入可能となっております。 宝くじ売り場は全国各地にありますので、自分の住まいの近くの宝くじ売り場で購入することをお勧めいたします。

スクラッチ宝くじの購入方法

スクラッチ宝くじの購入方法は宝くじの中でも一番簡単な購入のやり方で、宝くじ売り場の窓口まで足を運んでいただき、窓口の方に「スクラッチを〇枚ください」というだけで購入が可能です。

一枚から購入が可能となっております。

スクラッチ宝くじの当たりとは

宝くじや数字選択式宝くじでは、決められた日時に抽選が行われて、その本数字と自分が選んだ数字が一致していれば、当選という形になるのですが、スクラッチ宝くじの場合ですと、削って出てきた絵柄・数字やその並びなどが、券面に記載されている説明文の通りになっていれば、「当たり」で、絵柄などに応じて当選金が変わってきます。

説明文は、購入したスクラッチに詳しく記載されておりますので、そちらを確認しつつ削っていきますと、当たりなのかはずれなのかがすぐにわかると思います。

みんなで楽しみながらできるスクラッチ宝くじですので、楽しみながら高額当選を狙いましょう。

スポンサードリンク

スクラッチ宝くじ ドラゴンボールの確率について

全てのブロックで各等級の賞金額は同じとなっておりますが、確率が少し異なりますので、そのあたりに注目しながら確認していただければと思います。

第2444回関東・中部・ 東北自治宝くじ

等級 当選金額 確率 売上配分
1等 500,000 25,000 10.0%
2等 50,000 10,000 2.5%
3等 10,000 1,000 5.0%
4等 3,000 125 12.0%
5等 1,000 100 5.0%
6等 200 10 10.0%

第2382回 東京都宝くじ

等級 当選金額 確率 売上配分
1等 500,000 33,333 7.5%
2等 50,000 3,333 7.5%
3等 10,000 667 7.5%
4等 3,000 200 7.5%
5等 1,000 100 5.0%
6等 200 10 10.0%

第2562回 近畿宝くじ

等級 当選金額 確率 売上配分
1等 500,000 25,000 10.0%
2等 50,000 4,000 6.3%
3等 10,000 800 6.3%
4等 3,000 200 7.5%
5等 1,000 100 5.0%
6等 200 10 10.0%

第2252回 西日本宝くじ

等級 当選金額 確率 売上配分
1等 500,000 33,333 7.5%
2等 50,000 5,000 5.0%
3等 10,000 833 6.0%
4等 3,000 250 6.0%
5等 1,000 50 10.0%
6等 200 10 10.0%

上記のものがドラゴンボールのスクラッチ宝くじの確率と当選金額などの情報となっております。

スポンサードリンク

まとめ

今回は2月から3月にかけてのドラゴンボールスクラッチ宝くじの確率や当選金額などについて記載させていただきました。

またスクラッチ初心者の方のために、スクラッチについての情報なども記載させていただいておりますので、ご確認していただければと思います。

スクラッチは楽しく遊べて、大金を狙えるものですので、遊び心で購入してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回のスクラッチ宝くじ2月はこちら

2018.02.23

スクラッチ宝くじの売り場とスクラッチのやり方

2018.02.23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です