ロト6とロト7の当選金を比較した結果と確率について

ロト6とロト7の理論値である当選金額を皆さんはしっかりと頭に入れてますか?

ロト6とロト7の当選金額は相当夢ある金額でして、その金額を手にするために皆さん購入し続けていると思います。

そこで今回は、ロト6とロト7の当選金を比較した結果や、どちらが当選しやすいのかについてのちょっとした計算式などを記載しておりますので、気になる方はご確認いただければと思います。

またロト6とロト7の確率についても記載しておりますので、改めて再確認していただければと思います。

スポンサードリンク

ロト6とロト7の大きな違いについて

ロト6とロト7の違いについて淡々と記載しておりますので、どこが違うのかを明確に知っておいてください。

ロト6の主な情報

ここではロト6の基本的な知識を記載しておりますので、ロト6とロト7がどのように違うのかが、はっきりとわかるように記載しております。

  • ロト6は1から43の数字の中から、異なる6個の数字を選ぶ。
  • 1等の当選金額は、最高2億円。
  • キャリーオーバーが発生した場合の1等の金額は最高6億円。
  • ロト6は1年中購入可能となっております。
  • ロト6の抽選日は毎週月曜日と木曜日。
  • ロト6の抽選時間は18時45分から開始。
  • 一口あたりの購入金額は200円。

ロト7の主な情報

上記ではロト6の主な情報について記載させていただきましたが、こちらではロト7の主な情報を記載しておりますので、上記のロト6のものと見比べていただければ違いがはっきりとわかります。

  • ロト7は1から37の数字の中から、異なる7個の数字を選ぶ。
  • 1等の当選金額は、最高6億円。
  • キャリーオーバーが発生した場合の1等の金額は最高10億円。
  • ロト6と同様にロト7も1年中購入可能となっております。
  • ロト7の抽選日は毎週金曜日。
  • ロト7の抽選時間は18時45分から開始。
  • 一口あたりの購入金額は300円。

ロト6とロト7の当選金額と確率について

ロト6の1等から5等の当選確率と当選金額を表にして記載し、ロト7の1等から6等までの当選確率と当選金額を表にして記載しております。

ロト6の当選確率と当選金額

等級 当選確率 当選金額
1等 1/6.096.454 2億円
2等 6//6.096.454 約1.000万円
3等 216/6.096.454 30万円
4等 9.990/6.096.454 6.800円
5等 155.400/6.096.454 1.000円

上記のものがロト6の当選確率と当選金額になります。

ロト7の当選確率と当選金額

等級 当選確率 当選金額
1等 1/10.295.472 6億円
2等 14/10.295.472 約730万円
3等 196/10.295.472 約73万円
4等 9.135/10.295.472 9.100円
5等 142.100/10.295.472 1.400円
6等 242.550/10.295.472 1.000円

上記のものがロト7の当選確率と当選金額になります。

スポンサードリンク

ロト6とロト7はどちらが確率的に当たりやすいのか

上記ではロト6とロト7の確率と当選金額について記載して行きましたが、どちらが確率的に当たりやすいのかについて、ちょっとした計算式の元探っていきたいと思います。

ロト6は一口の購入金額が200円となっておりまして、ロト7は一口の購入金額が300円となっておりますので、比較するのは同じ購入金額と同じ購入口数の当選確率の2種類であるので2種類で比較していきたいと思っております。

ロト6とロト7を同じ購入口数として比較した場合

ロト6の一等の当選確率は…

1/6.096.454(理論値)このような確率となります。

ロト7の一等の当選確率は…

1/10.295.472(理論値)このような確率となります。

同じ購入口数だとロト6の一等はロト7の一等の当選確率より約1.9倍も高くなることがわかります。

ですが、ロト6とロト7を同じ購入金額の場合と比較したとき…

ロト7の一等の当選確率は…

1/10.295.472÷1.5
=1/15.443.208

ロト6の一等の当選確率は…

1/6.096.454ということですので…

同じ購入金額だとロト6の一等はロト7の一等の当選確率より2.5倍も高くなることがわかりました。

当選口数で比較した場合

ロト7の1等から5等の当選をする確率は…

165.613/6.096.454
=約1/37=2.7165%

ロト7の1等から6等の当選をする確率は…

393.996/10.295.472
=約1/28=3.82689%

このように同じ購入口数だと今度はロト7はロト6よりも当選確率が約1.3倍も高くなりました。

ロト6とロト7を同じ購入金額の場合と比較

ロト6の1等から5等の当選をする確率は…

165.613/6.096.454
=約1/37=2.7165%

ロト6の1等から5等の当選をする確率は…

393.996/10.295.472÷1.5
=約1/39=2.55125%

上記のようなものになりますから、同じ購入金額だとロト6はロト7の当選確率よりも約1%くらい当選確率が高くなる。

ロト6の2等の当選確率は…

約1/101万6076 このようになりますが…

ロト7の2等の当選確率はロト6と同じ購入金額ですと…

約1/110万3086 このようになりますので

一口あたりの購入金額が同じではないので、そのことがネックとなりまして同じ購入金額なら、ロト6がロト7よりすべての等級の当選確率が高くなるということになります。

この情報は、100%というものではありませんので、ご了承ください。

そしてこの情報のもと考えていきますと、ロト6がロト7より当選確率が高いという結果となっております。

スポンサードリンク

まとめ

今回はロト6とロト7の当選金額を比較した結果やそれについての確率の計算式などをご紹介させていただきました。

当選金額を比較した結果は明らかにロト7の方が夢ある金額となっておりましたが、どちらが当たりやすいのかと考えたときは、ロト6が当たりやすいのではないかと思われます。

これは非常に難しいのですが、様々な意見がありました。ロト7の方が当たりやすい、自分はロト7の方が当たっているなどといった声も非常に多くありました。
その反対にロト6の方が当たりやすいなどと言った方もいらっしゃいました。

やはり宝くじや数字選択式宝くじは【運】を味方につけるということが当選に近づけるのではないかと思います。

そして宝くじや数字選択式宝くじを購入し続けていくことに意味があり、それが当選に近づける第一歩だと思われます。

皆さんの高額当選を心よりお祈りしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ロト6とロト7の買い方には違いはあるのか?コツは?

2018.02.16

ロト6とロト7の違いと特徴と記入方法について

2018.02.15

ロト6とロト7の確率を比較した結果はこちら!

2018.02.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です